安心して快適に暮らすために

住宅やマイホームに関する知識はあればあるほど役に立ちます。マイホームで少しでも安心して快適に過ごすためにも基本的な事柄を学んでおきましょう。

注文住宅と建売住宅の違い

注文住宅

注文住宅は、間取りや家の素材など新築一戸建てに関する様々な要素を自分で自由に決められるタイプの家のことです。自由度が高いことが最大の魅力ですが、土地を自分で探したり、間取りや予算を決めたりと手間と時間は多くかかります。長い期間を設けて慎重に建てていくことが大切です。

建売住宅

建売住宅は、すでに完成している物件を購入して住むことができるタイプの家です。すでに完成しているので、事前に間取りや雰囲気を確かめることができます。自由度は低いことがデメリットですが、注文住宅よりも安い費用で購入することが可能なので予算が少ない方でも手に入れやすいことがメリットです。

新築で人気の設備TOP5

no.1

IHクッキングヒーター

新築で最も人気が高い設備は、「IHクッキングヒーター」です。大阪や京都でも導入している家庭は多くあります。IHクッキングヒーターの最大の魅力は、掃除のしやすさです。ふきんがあればすぐに汚れを落とすことができます。また、小さなお子さんや高齢者の方がいる家庭でも安心して利用できる点も大きなメリットになります。

no.2

浴室エアコン・浴室暖房乾燥機

新築で人気の設備第2位は、「浴室エアコン・浴室暖房乾燥機」です。この設備があれば浴室を暖かい状態にすることができるので、冬場の寒い時期でも浴室に入りやすくなります。また、乾燥機を使えばカビの発生を防ぐことも可能です。近頃、人気が高まってきている設備の1つです。

no.3

床暖房

浴室エアコンの次に人気の設備が「床暖房」です。稼働させることで、床を暖かくすることができます。こちらも冬場に大活躍してくれる設備で、床暖房があれば必要以上に暖房をつけることもないので光熱費の節約にもつながります。小さなお子様やペットがいる家庭にも人気です。

no.4

ウォークインクローゼット

4番目に人気の住宅設備が「ウォークインクローゼット」です。ウォークインクローゼットとは、クローゼット内を歩けるほど収納範囲が広いクローゼットのことをいいます。ウォークインクローゼットがあれば、お部屋の収納に困ることはありません。間取りに余裕がある場合は、ぜひ検討しておきたい設備です。

no.5

モニター付インターホン

モニター付きインターホンも、新築を建てるときに設備として取り入れる家庭が多くあります。モニター付きインターホンを利用すれば、不審者や営業マンなどを自宅内ですぐに判別することができるので、家族の安全と安心につながります。設備代もそれほど高くないので導入しやすいことがメリットです。

人気の高い注文住宅

一戸建ての種類の中で人気が高いものが注文住宅です。注文住宅にはフルオーダータイプとセミオーダータイプがあり、自分の理想の家を建てることが可能です。

[PR]群馬で太陽光発電を設置してもらおう
専門業者をcheck☆

[PR]大阪で好評なエクステリア業者
質の高いサービスを実施してくれる♪

[PR]エクステリア工事を大阪で成功させよう
専門業者選びが大切☆

[PR]岡山で人気なエクステリア業者☆
キレイな庭を作ってもらおう♪

注文住宅を計画する前に知っておきたいこと

エクステリア

注文住宅のメリット

知っておくべき注文住宅のメリットとして代表的なものは、2つあります。1つ目のメリットが、自由度の高さです。注文住宅の最大の魅力といっても良いでしょう。フルオーダータイプの注文住宅では、間取りや家の素材、エクステリアの外観など全てのものを自分で決めることができます。住宅の内装やエクステリアの外観などはプロであるデザイナーや設計士と一緒に計画することが可能です。例えば、バルコニーをつけたい、リビングは2階にしたい、窓を大きくして部屋を明るくしたい、太陽光発電の設備を設置したいといった願いを全て叶えることができます。しかし、理想の住宅を建てる上では、自分の要望に応えてもらうためにもきちんとした話し合いが重要となります。そのため、しっかり綿密に打ち合わせを行なっておくようにしましょう。群馬や大阪にある業者に依頼して世界に1つだけの家を建てましょう。注文住宅の2つ目のメリットが、予算を調整できる点です。先程も述べたように、注文住宅は自由度が高いので間取りや素材を自分で決めることができます。そのため、高い予算で豪華な家をつくることもできれば、低い予算で小さな家をつくることも可能です。「注文住宅は費用が高くかかるから建売住宅を選ぼう」と考える方もいますが、しっかりと考えることで、建売住宅と同等かそれ以下の予算で家を建てることも可能です。もちろん、予算に制限がない方は、自分のこだわりをたくさん入れたり、質の高い設備を導入したりして豪邸を作ることもできます。この2点が注文住宅の代表的なメリットです。

費用をおさえる方法

群馬や大阪でで注文住宅を購入する際には、ついつい自分のこだわりや最新の設備をたくさん入れがちです。しかし、そうやって自分の希望をとにかく通してしまうと、建築費用が高くなり予算オーバーになってしまいます。注文住宅のプランを考えるときに重要な「家を安く建てるコツ」を知っておきましょう。家をできるだけ安く建てるには、2つのポイントを意識する必要があります。1つ目のポイントが、できるだけコンパクトにすることです。家づくりで最もわかりやすいコスト削減方法といえます。家づくりで大きく費用がかかる部分が材料費と人件費です。そのため、屋根や床、壁などの材料と、それらを使って家をつくる職人の人件費をおさえることがコスト削減をするポイントになります。家をコンパクトにすると、必然的に必要な材料の量が減ります。また、その材料を使って家をつくる職人の労力も減ります。つまり、家をコンパクトにすることで材料費と人件費の2つを大きく減らすことができるのです。家を安く建てるための2つ目のポイントが、建物の形をシンプルにすることです。家がコンパクトでも建物の形が複雑ならば、結果的に材料費と人件費は高くなってしまいます。例えば、屋根の形だけを考えても、切妻屋根や寄棟屋根、片流れ屋根など様々な種類があります。片流れ屋根ならば形はシンプルなので、費用は安くなります。これと同じように物件自体の形も複雑な形状よりもシンプルな正方形や長方形の方が費用を安くおさえることができます。注文住宅で予算をおさえたい方は、以上の2点を意識してプランをたてるようにしましょう。また、予算に関してしっかりと相談にのってくれるハウスメーカーや施工業者に依頼するようすることも大切です。口コミを確認すれば、親身になって相談に乗ってくれたハウスメーカーや施工業者を見つけることが出来るでしょう。

広告募集中